各国指標発表時のBOトレード

相場が荒れている時のBOトレード

2017年8月15日は比較的
大きめの指標が集まった日でした。

 

具体的にはオーストラリアのRBA(豪州準備銀行)理事会議事録、
17時30分にはイギリスの指標で重要なもの(CPI消費者物価指数)が3つとその他4つの合計7つが同時に、
さらに21時30分にはイギリスの指標に加えてアメリカの指標(7月小売売上高)など、かなりボリューミーな1日でした。

 

相場が荒れている時のBOトレード1

こういった指標が盛りだくさんの日は、
1日中相場が荒れやすい傾向にあります。

 

なぜなら指標があるということは誰でも知ることができ、
投資家たちは指標発表に応じた取引をしてくることが多く、
全体の取引量が上がって価格の動きが激しくなるからです。

 

そのため取引をするのであれば、
相場が荒れやすいことも加味して取り組まねばなりません。

 

とはいえ慣れないうちは取引に参加しないことをお勧めします。

 

あるいはデモトレードでチャートを見ながら練習するのもいいかもしれません。

 

相場が荒れるということは3σに触れる機会もそれなりに多くなるので。

 

それでは取引の紹介をしていきましょう。

 

私はこの日午前中のRBAがあった時間にチャートを見ることができなかったので、
17時30分のイギリスの指標(CPI消費者物価指数)があったときの取引を紹介したいと思います。

 

まずは指標が発表されて直後のGBP関連のチャートをご覧ください。

 

EUR/GBP

相場が荒れている時のBOトレード2

 

GBP/AUD

相場が荒れている時のBOトレード3

 

この2つのチャートからわかることはGBPの価値が下がっているということです。

 

1枚目のEUR/GBPの通過ペアでは「EUR/GBP」のうち、
前にある「EUR」が基準となっていることを表しています。

 

EURが基準になっている通貨ペアのチャートで価格が上昇方向に向いているということは、「EUR」の価値が上がっていることを表しています。

 

EURの価値が上がっているということは、
相対的にGBPの価値が下がっていることを意味します。

 

次に2枚目のチャートは「GBP/AUD」のうち、
前にある「GBP」が基準となっています。

 

GBPが基準のチャートが下方向に向かっているため、
GBPの価値は下がっています。

 

これら2点からGBPの価値が下がっていることが分かります。

 

通貨の価値の変化に関する話は以前の記事でもしているので、
不安な方はそちらもご覧ください。
通貨の価値に変化があるときの相場の見方

 

もちろん上図2つのチャートだけではありません。
GBP/JPYとGBP/USDのチャートでも、
ポンドの価値が下がっていることが分かりました。

 

これらのうち私が取引に利用したものはGBP/USDでした。

 

というのも私の確認ミスが無ければ、
指標発表中に複数時間足で3σを超えたものがこれだけだったのです。

 

やはり取引をするチャートを選ぶとき、
私はなるべく複数時間足で条件が整っているものを選びたくなります。

 

そもそも3σは価格が反発される確率を示したものです。

 

ならば1つの時間足だけではなく、
2つや3つなど複数の時間足で超えていれば反発される要因がその分上がるのではないか?
となるわけです。

 

さて、内容が少し長くなってしまったので、
具体的な取引内容は次回の記事で説明しましょう。

 

次の記事が上がるまでにこの時間中のチャートを見ることができるのであれば、
予習をしておきましょう。

 

「自分ならどういった取引をするのか」を意識しながら勉強すると、
より理解が深まると思います。

バイナリーオプション攻略の第一歩

↑↑↑口座選定がバイナリーオプション攻略の基礎↑↑↑

関連ページ

時間足を使い分けるバイナリーオプション攻略手法
BO初心者でも出来る 時間足を利用したテクニカル手法とは?
バイナリーオプショントレード実践
バイナリーオプションで逆張り手法と相性が良い時間帯とは?
バイナリーオプションでエントリーしてはいけないポイントとは?
勝てる確率が高い通貨ペアを選ぶ基準とは?
指標発表時のチャート動き方講座 実践編
指標発表時にチャートはどう動くか?
バイナリーオプション取引価格変動の特徴解説
バイナリーオプションでエントリーに値する理由とは?
バイナリーオプションテクニカル攻略手法の復習
基本的なバイナリーオプション攻略手法の使い方を復習!
EUR関連の通貨ペアとGBP関連の通貨ペア
エントリー条件は満たしているがエントリー出来ないパターンとは?
指標発表がある時のバイナリーオプション取引(続編)
指標発表がある時間帯でのバイナリーオプション取引
ハイロー攻略手法の実践
バイナリーオプション取引で参考にする時間足とは
バイナリーオプション初心者がまず覚えて欲しいテクニカル手法の基礎
指標発表での値動きを解説!
取引する通貨ペアを決める方法
通貨の価値に変化があるときの相場の見方
複数通貨ペア価格変動時のバイナリーオプション取引
バイナリーオプション逆張りエントリーのタイミング
バイナリーオプションで儲けようと思い闇雲にポジションを作っていませんか? バイナリーオプションは勝率を高める事が一番の攻略法ですそして、勝率を高める為には、「負けを減らす」この部分を理解して実行する事がとても重要なのです!
バイナリーオプションは攻略基礎手法を覚えるだけで9割成功出来る!
バイナリー攻略基本手法「3σを超えたタイミングで逆張り」
バイナリーオプション取引ボリンジャーバンド基礎講座
オーストラリアAUD通貨を攻略!
質問|ハイローオーストラリア攻略方法を教えてください!
エントリーのし始めが大事
政策金利発表分析トレード実践編
政策金利などの指標発表を分析実践方法
欧州相場を攻略する実践方法
欧州勢が市場参入するタイミングでのトレンドフォロー型の通貨選び方
トレードすべき時間帯の見つけ方 実践編
時間帯による相場の変化を予測する方法
通貨選びのポイント実践応用
通貨ペアをどのように判別(選択)するかを実践で解説!
エントリー出来る複数の通貨ペアを実践解説
バイナリーオプションで安定して勝てるパターン
勝率を重視したエントリーポイントの説明
エントリーするに値するチャート(ローソク足)の形はどれか?
予測が外れたけど、後から軌道修正できたパターン
指標があるときは相場が動きやすいのでエントリーチャンスは多め
100期間移動平均線越えに成功したドル円について
バイナリーオプション強気のエントリー
バイナリーオプションでは通貨ペアもポイント
バイナリーオプションでは「負け方」も重要
バイナリーでは基本逆張りでエントリー
トランプ大統領とロシアの関係疑惑によるドル売りと朝鮮半島の地政学リスクで円高ドル安へ
6月の追加利上げ観測でドル売りへ
雇用統計悪化でドルが売られる
バイナリーオプショントレードは指標発表をチェックする必要がある
アメリカの利上げ織り込み済み利上げの有無に注目
6月第3週ドル円のポイント
6月第4週ファンダメンタルズ分析
6月5週|ドル円は次の材料待ち
7月1週目市場予測 米雇用統計の結果に注目
7月2週目市場展望|ドル円の上値は限定的?
ロシアゲート疑惑再浮上などでドル円は下げる
指標発表があるとき相場がどうなってしまうのか?
指標発表時のバイナリーオプション取引事例
8月1週目市場展望|ミサイル発射で円高加速
欧州勢が市場参入する時の通貨選び
8月第2週市場展望|強い雇用統計でトレンド転換なるか?
北朝鮮とアメリカのミサイル発射懸念で強い円高
8月最終週市場展望|地政学リスクとトランプ政権リスクの中で雇用統計に注目
9月第1週市場展望
北朝鮮のミサイル発射リスクでドル円は安値更新
北朝鮮の地政学リスク緩和で買い戻しの動きが続く
アメリカの利上げ観測の高まりでドル円は堅調
トランプ大統領の税制改革期待でドル買いも北朝鮮のミサイル発射懸念続く
雇用統計でドル円続伸も北朝鮮のミサイル発射懸念で失速
米債利回り低下や北朝鮮の地政学リスクでドル円111円台突入
ルール通りの取引で勝ちやすいBO相場とは?
衆議院議員選挙と北朝鮮動向に注目
114円台ミドルの壁を突破できるか?
ドル円は下値堅く上値重い展開が続く
ドル円は130円台キープも下落リスク拡大か?
ドル円続落で110円割れを目指すか?
アメリカが北朝鮮をテロ支援国家に再指定でドル売り継続か?
12月2週目市場予測|狙い目はアメリカFOMC!
年末相場は動かない?2017年12月の相場は?
年末相場はリスク回避の円買いに動く?

MENU

バイナリーオプション資金別業者選択方法

国内海外バイナリーオプション比較

FXbinary情報

OptionBit情報

バイナリーオプションシグナル配信

mt4を使ってみよう

バイナリーオプション税金