投資の基礎知識

投資の基礎知識

投資の基礎知識

 

投資用語は日常生活では、あまり使うことの無い用語が普通に出てきてしまいます

 

わかっている人からすると、普通にみんなが知っていると思い込んでしまう程、当たり前の言葉と認識しています

 

ここでは、いまさら聞けない投資用語の基礎辞典を作りました

 

ファンダメンタル分析でとても重要な基礎用語なので、必ず理解把握するようにしてください!

 

消費者物価指数

投資の基礎知識記事一覧

消費者物価指数(CPI)とは、消費者が物品やサービスなどを購入する際に小売段階で測定される統計指数のことです。毎月1回、総務省が発表しています。日銀が金融政策を行う際の判断材料ともされていますので、市場に与える影響は大きいといえるでしょう。ちなみに、総務省の定義によると消費者物価指数とは、「全国の世帯が購入する家計に係る財及びサービスの価格等を総合した物価の変動を時系列的に測定するもの。すなわち家...

完全失業率とは、調査期間中に仕事を探しながらも新しい就職先を見つけられないでいる人数が、労働力人口に占める割合のことです。労働力人口は、実際に就業している人口と、仕事を探しながらも就業できていない人口数を足して算出されます。ちなみに、仕事ができる状態にあるにも関わらず、就業先を探していない人口は労働力人口としてカウントされません。完全失業率は、景気の動向を知るうえで重要な指標とされています。完全失...

ミシガン大学消費者信頼感指数とは、消費者マインドを指数化した指標のことであり、アメリカのミシガン大学が実施・発表しています。消費者マインドを指数化した指標として、アメリカでは民間調査期間のコンファレンス・ボードが実施している消費者信頼感指数もありますが、ミシガン大学消費者信頼感指数とコンファレンス・ボードの消費者信頼感指数はどちらも景気動向を知るうえで非常に重要な指標として考えられているようです。...

規制緩和とは、政府が設けている公的規制を廃止したり、緩和したりすることを言います。では、なぜわざわざ規制緩和を行うケースがあるのでしょうか。その目的として挙げられるのが、市場競争の自由化です。(グローバル化などとも言われます)市場に公的規制を設けた場合、企業が規制に縛られてさまざまな施策を実施できなくなってしまうことがあります。これは、企業の成長だけでなく、市場の成長をも抑制してしまうものであるた...

ISM指数は、アメリカの供給管理協会が算出・発表している指標です。毎月、さまざまな企業を対象にアンケート調査を実施しており、企業の「新規受注・生産・雇用・入荷遅延・在庫」が前月と比較してどのように変化したかを示しています。ISM指数には、製造業指数と非製造業指数とがありますが、バイナリーオプションなどの投資にチャレンジしている方は製造業指数に注目したほうが良いでしょう。ISM製造業指数は、景気を推...

株価とは、企業が発行している株式の時価のことを指します。ご存じのとおり、株価は常に一定の価格をつけているというわけではありません。企業の経営状況が優れていたり、将来性が期待できるなどの場合は、その企業の株価は上昇する傾向にあります。逆に企業の経営状態が芳しくなく、将来的にも見込みが薄いと判断された場合は、その企業の株価は下落してしまうでしょう。言い換えれば、その企業の株価を買いたいと思っている投資...

景気を推し量るための指数には、たくさんの種類があります。指数によってそれぞれ特徴も異なっているため、景気全体の動きを把握するためにはすべての指標を知っておかなければなりません。いくら優れた投資家でも、すべての指数を頭にインプットするということは至難の業だと言えるでしょう。そのような時に役立つのが、景気動向指数です。景気動向指数とは、景気の動向を表している指数をまとめ、ひとつの指標にした指数のことを...

経済成長率とは、その名称とおり景気の成長具合、もしくは低迷具合を数値化している指標のことです。経済成長率が高ければ高いほど景気が好感されていることを示し、逆に経済成長率が低ければ低いほど景気の先行きに不安があるということを示しています。経済成長率は、景気の動向を推し量るうえで最も基本的な経済指標だと言って良いでしょう。ちなみに、経済成長率は複数の経済予測機関が算出し、発表しています。その算出の際に...

ご存じのとおり、産業にはさまざまな種類があり、農林水産業をはじめ、鉱業、建設業、製造業、卸売業、小売業、金融業、サービス業などに分かれています。鉱工業生産指数とは、これらの産業のうち鉱業と一部の製造業が生産している量を指数化した経済指標のことです。鉱工業生産指数は、企業の生産動向を把握するうえで最も重要な指標とされています。鉱工業に属している企業の生産量が増えれば、その分商品が売れているということ...

国民総生産(GNP)とは、国の経済規模を測るための指標のことです。国民に力により生産された生産額のことと考えれば分かりやすいのではないでしょうか。「国民」という表現が用いられていますが、当該国の国籍を所有していれば、海外で生産した生産額も国民総生産に含まれます。ただ、最近では国民総生産はあまり重要視されなくなってきました。なぜなら、国民総生産では海外で生産された生産額も含まれているため、純粋に国内...

インフレーションとは、物価が上昇し続ける現象のことを言います。略してインフレと呼ぶことが多く、誰でも一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。モノやサービスの価格は、需要と供給のバランスから成り立っています。インフレーションでは、供給量が需要より少なくなることでモノやサービスの価格が上がってしまうため、消費者の購買意欲が減退する原因になると言えるでしょう。消費者の購買意欲が減退すれば、その分モ...

スタグフレーションとは、景気が停滞してるのインフレーションの状態が続く現象のことを言います。インフレーションになるとモノやサービスの価格が上昇し続けるため、消費者の購買意欲が減退し、結果的には企業の利益も減ってしまうでしょう。そのため、インフレーションを改善するためにさまざまな施策が取られるのですが、施策がうまくいくと景気が停滞状態になり、モノやサービスの価格も落ち着きを見せ始めます。しかしながら...

GDP成長率とは、簡単にいえば経済の成長率のことです。経済の成長率を示す指標はその他にもたくさんありますが、最も多く用いられているのがGDP成長率といえるでしょう。GDPは生産面、分配面、支出面のいずれからも測定することができますが、なかでも特に速報性が高いと言われているのが支出面からのアプローチです。支出の項目を個人消費・住宅投資・民間設備投資・在庫投資・政府消費・政府投資・純輸出に分け、それぞ...

ナスダック総合指数とは、簡単にいえば全米証券業協会(ナスダック)で取引きされている銘柄の時価を平均した数値のことです。ナスダックで取引されている上位銘柄のほとんどはIT関連企業やハイテク企業の株が多いため、特にその業界の動向を知るうえで重要な指数として考えられています。ナスダックで取引されている上位銘柄(2010年7月現在)は、1位がIPhoneやiPadなどの開発・販売で世界的に知られているアッ...

日経平均株価とは、東京証券取引所一部に上場している銘柄のうち、225銘柄を対象にしたダウ式平均株価のことです。株式市場の動向を表す代表的な指標としても知られています。ちなみに、日経平均株価は日経平均、日経225と呼ばれることもありますので、覚えておきましょう。日経平均株価の対象となる225銘柄は、日本経済新聞社の基準で選定されています。もちろん、常に同じ銘柄が対象となっているわけではありません。同...

BRICsとは、経済発展が著しい新興国のブラジル、ロシア、インド、中国の4ヵ国のことです。それぞれの国の頭文字(Brazil、Russia、India、China)を取って名付けられており、今最も注目を集めている国といっても良いでしょう。BRICsの特徴は、国土が広く、天然資源を豊富に有しているということです。また、BRICsの人口は全世界の人口の半分近くを占めているといるにも関わらず、名目GDP...

ブローカーとは、株式や債券の取引を仲介するために存在している機関のことです。買い手と売り手の間に入り、両者の売買を成立させるためのサポートをする機関といえば分かりやすでしょう。基本的に、ブローカーは仲介業務です。したがって、企業などからの委託がなければブローカー自ら行動することはほとんどありません。逆をいえば、企業などから依頼があったときに動きますので、ブローカーにとってのリスクは少ないということ...

バイナリーオプションやFXなどの投資にチャレンジしていれば、必ず一度はヘッジファンドという言葉を耳にすることになるでしょう。では、ヘッジファンドとはいったいどのようなものなのでしょうか。ヘッジファンドとは、簡単にいえば機関投資家や富裕層など資金を潤沢に保有しているとされるところから多額の資金を集め、金融派生商品などを運用するファンドのことです。ヘッジファンドの目的は、資金をどれだけ増やせたかという...

マクロ経済とは、一国の経済全体を見る経済学のことです。経済の三態と言われている政府・企業・家計の経済状況を総合的に捉えることで、経済を活発化するための方法を模索するためにも用いられています。マクロ経済を代表する経済指標として挙げられるのが、GDP成長率や消費者物価指数などです。簡単にいえば、国全体の経済がどのような状況にあるのか、国の経済を良くするためにはどのようなことをしなければならないのか、と...

ミクロ経済とは、国単位の経済をみるためではなく、企業や家計など個別の主体を対象としてみる経済学のことです。逆に一国の経済をみるためにはマクロ経済が用いられています。ミクロ経済学では、個人や企業の具体的な活動に着眼し、物価変動のメカニズムを分析していきます。つまり、生産者・企業・消費者・個人の経済状況を把握するための用いられているのです。ミクロ経済を活用すれば、企業がどのように価格設定していけば消費...

有事のドル買いとは、戦争などが起こった際にドルを購入することを言います。では、なぜ戦争などが起こればドルが買われるのでしょうか。その理由として挙げられるのが、ドルは世界の基軸通貨であるということです。そのため、安全性が非常に高いと言われているため、万が一の時に備えてドルが買われる現象が発生します。ちなみに、有事のドル買いが発生した際には、為替市場は円安方向に傾きやすいといえるでしょう。ただし、アメ...

流動性リスクとは、保有している株式などが希望の価格で売れないリスクのことを言います。たとえば、A社の株式が100株あるとしましょう。その100株を10人がそれぞれ10株ずつ保有している場合と、2人がそれぞれ50株ずつ保有している場合とでは、株を売却した際の値動きが大きく異なります。2人がそれぞれ50株ずつ保有している場合のほうが、株価の変動幅は大きいといえるでしょう。もし、自分が株を売却する直前に...

量的緩和とは、簡単にいえば日銀が世間に出回るお金の量を増やし、その分のお金で企業などに設備投資などを促す金融政策のことです。2001年3月以前には、日銀が金利を上げたり下げたりすることにより、景気のバランスをとっていました。しかしながら、不景気のなかで低金利政策を長期に渡って実施しても、効果が表れなくなってしまったのです。そこで、2001年3月からお金の量を調整することで景気のバランス調整を狙う量...

REITとは、不動産を運用対象とした投資信託のことです。これまでの投資信託といえば、主に有価証券のみが対象となっていました。つまり、不動産は投資信託の対象になっていなかったのです。平成12年11月に投資信託法が改正されたことにより、不動産を対象とした投資信託も可能になりました。REIT(Real Estate Investment Trust)については、すでにアメリカで行われていた投資信託でもあ...

レバレッジ効果とは、少ない資金で大きなリターンが期待できる仕組みのことをいいます。たとえば、1株が100万円で販売されていたとしましょう。当然のことながら、1株を購入するためには100万円を用意しなければなりません。しかしながら、多くの個人投資家にとって、100万円という金額は非常に高額です。そのため、株の購入を見合わせるというケースも出てくるでしょう。このような場合に役立つのがレバレッジです。レ...

IMF(International Monetary Fund)とは、1945年に設立された国際通貨基金のことです。為替相場の安定を目的として活動しており、アメリカの首都であるワシントンに本部を置いています。ちなみに、2011年9月現在では世界187ヵ国がIMFに加盟しています。IMFでは、経常収支が著しい加盟国に対して融資も行なっていますが、実はこれまでにさまざまな問題が発生していたようです。そ...

JASDAQとは、株式会社大阪証券取引所が運営している市場のことです。JASDAQの特徴といえば、成長著しい企業やベンチャー企業向けの株式市場であるということでしょう。成長著しい企業やベンチャー企業向けの株式市場には、その他にもヘラクラスやNEOがありましたが、現在ではJASDAQに一本化されています。また、JASDAQには通信カラオケ業やライフケア業、環境衛生管理業、学習塾など東京証券取引所では...

株式投資とは、簡単にいえば企業が発行している株式を売買する投資のことです。ご存じの通り、企業は会社を設立するなどに十分な資金が必要となります。しかしながら、会社を設立するためには設備投資など多額の資金が必要となる場合が多いため、簡単に資金を集めることができないでしょう。そこで、企業は投資家から資金を集めるために株式を発行するのです。投資家は、企業に将来性があるのかを見定め、大きなリターンが期待でき...

FXとは、簡単にいえば外国の通貨を売買することによって利益獲得を狙う投資のことです。外国為替証拠金取引と呼ばれることもあります。では、なぜ外国通貨を売買すると利益を得られるのでしょうか。その理由として、通貨の価値は常に流動しているということが挙げられます。そのため、ある時は1ドル100円だったとしても、次の瞬間には100円01銭になっていることもあるでしょう。1ドル100円の時に購入し、1ドル10...


MENU

バイナリーオプション資金別口座選択方法

国内海外バイナリーオプション比較

ハイ・ロー オーストラリア情報

バイナリーオプションシグナル配信

mt4を使ってみよう

バイナリーオプション税金

当サイトについて