バイナリーオプション成功する方法

バイナリーオプション損失を出す人と成功者の違い

バイナリーオプションで損失を出す人(勝てない人)の割合=7割

 

バイナリーオプション利益を出す人(成功者)の割合=3割

 

各証券会社の統計データを分析すると、年間を通してバイナリーオプションで損失を出さない成功者は3割と分析出来ます

 

では、成功者と勝てない人の違いはなんでしょうか?

 

実は簡単な事なのです

 

利益を出す人(成功者)=テクニカル分析のルールに従いトレードをしている

 

損失を出す人(勝てない人)=感や気分でトレードをしている

 

これだけの事なのです

 

テクニカル分析とは?と言う人はこちらのページを参照してください!
バイナリーオプション必勝攻略とは?

 

当サイト、バイナリーオプション入門では他のサイトでは考えられない程の多種多様なテクニカル分析手法を解説していますが
大事なのは、自分のスタイルに合った手法を見つけられるか?

 

この部分こそが、バイナリーオプションで成功する(利益を出す)為の重要な要素となります

 

このカテゴリページでは、バイナリーオプション投資で勝てない人の為の
テクニカル分析手法のやり方を解説して行きますので、
試してみて、これだ!と、思うものを見つける手立てにしてください。

 

バイナリーオプション成功投資手法を覚える事で、
FX投資、株式投資も出来るようになります。

 

トレード投資を覚える事は人生を変える事が出来るとも言えますので
しっかりと勉強をするようにしてください。

 

まず初めは、バイナリーオプション投資をスマホでしていると言う人も沢山いますが、
スマホでバイナリーオプションをする時に陥りやすい注意したい時間足の説明です

スマホBO族要注意!長い時間足を無視すると勝てない理由

最初は調子よく勝っていたのに、最近勝てないのはなんでだろう?あれはビギナーズラックというやつだったんだろうか?などという戸惑いが心の中にドカンと居座った状態でトレードしていませんか?

 

少しイライラしながらも、やめられなくて、こっそりスマホBO族(バイナリーオプション族)になっていませんか?

 

実はトレードというものは、全くの初心者よりも、ちょっとだけ知識がついた段階のほうが勝てないということがあったりします。知識があいまいで、チャートの読み取り方も怪しいので、自ら残念な選択をしてしまいやすいのです。

 

もう少しだけ頑張って、あと一歩、あと一段、進んでみましょう。では、まず、トレード未経験者にはなかなか目が行き届かなく、勝てない理由となっているかもしれない「長い時間軸で流れを見てみる」ということをご説明します。

 

長い時間軸での流れ、トレンドを確認しよう

短時間で勝負がつくバイナリーオプションであっても、それまでの値動きを短い時間軸でしかチェックしないというのは危険すぎます。資金を寄付するような行為です。賭博になってしまいます。

 

ではどうしたらいいのかと言いますと、長い時間軸でのトレンドも見てみることです。スキャルピングという短い時間軸で勝負をするFXトレーダーでも、1分足で勝負をするから1分足しか見ていないということはまずありません。それでは勝ち続けていけないのです。

 

ではまず、下のドル円のチャートを見てください!

 

左上は4時間足、右上は1時間足、左下は15分足、右下は5分足です。の4つの時間軸のチャートは見事にキレイに下げています。

勝てない人と成功者の違い

 

こんなにきれいに4つの時間帯のチャートが右下がりになっている時というのは、そんなに多くないです。このような時間帯ですと、わりと勝ちやすい気はしますね。長い時間軸のチャートのほうがなめらかで美しいですね。

 

ただし、下げトレンドの中でも大きめに反発している時もあります。そういう時は注意が必要です。

 

≪チェックポイント1~値動きには波がある≫

下げトレンドだから一直線に下げるわけでも、上げトレンドだから一直線に上げるわけでもありません。大波小波を作りながら、トレンドを形成していくのです。あたり前のことなのですが、トレードではこれがとても意味を持ちます。

下のチャートは上の「ドル円の5分足チャート」の中に含まれる時間帯のものです。全体的には下げています。

 

けれど、赤丸で囲んだ部分を見てください!下げトレンドの中、結構大きく上げていいます。5分足のローソク足5本上げていたら25分間くらいは大きく反発していたということです。

 

この時、下げ続けているからそのまま下げるだろう!と思って勝負をしてしまうと、時間で区切られるバイナリーでは見事に失敗することになります。FXトレードであれば助かるかもしれませが、損をしてしまう人もいるでしょう。

勝てない人と成功者の違い

ただし、このチャートを見る限り、ここで一旦少しは反発するかもしれないというサインは出てはいます。

 

1.長い下ヒゲのあるローソク足が出ている
2.ボリンジャーバンドの-2αからはみ出している

 

この2点にどんな意味があるかおさらいしましょう!

 

Q1. 長い下ヒゲの意味とは?

長い下ヒゲは、強烈に売られてレートは落ちたけれど、そのまま売られ続けたわけではなかったということです!

 

売ったものを利が乗ったからということで、慌てて買い戻した人がいたでしょう。逆に、このくらいのレートなら買ってみようと思った「逆張り」の人もぽつぽつでてきたかもしれません。基本的に大きく動く時には大勢の超短期筋が参入している可能性が高いです。

 

ただし、長い下ヒゲが出ていても、ローソク足が完成する頃にはまた下げていってヒゲがなくなるなんている笑えることも普通におきます。次のローソク足はさらに低い位置にできることもあります。

 

また、長い下ヒゲが出たのにも関わらず、次のローソク足でも下げ、その次のローソク足でも下げるということもあります。下ヒゲの長いローソク足が何本か続いて、更にまた下げていくこともあります。特にめずらしくもありません。

 

といっても、もちろん、下げ止まる時もあります。

 

相場で起こることには基本的に「絶対」ということはないと思ったほうがよいでしょう。何が起こるかわからない、それが相場です。「絶対」こうなります、と言い切る人の意見は聞いても、心の底から信用してはいけません。

 

Q2. ローソク足がボリンジャーバンドからはみ出している意味とは?

ボリンジャーバンドの±2αまでの間に価格が収まる確率は約95.5%になるんだそうです!ですので、これからはみ出ているというのは、特殊な状況であるということになります。行き過ぎているということですね。

 

≪チェックポイント2~統計からみるボリンジャーバンド≫

・±1αの範囲内で価格が収まる確率は68.27%
・±2αの範囲内で価格が収まる確率は95.45%
・±3αの範囲内で価格が収まる確率は99.97%

 

ちなみに、上のMT4の5分足のチャートでは±2αしか表示させていないのですが、真ん中の「移動平均線」と±2αの間に±1α、±2αの外側に±3αが表示されている7本仕立てのボリンジャーバンドが一般的ですね。

 

ここで使っているチャートは全てMT4なのですが、移動平均線と±2αしか表示されていないのがデフォルトです。95.5%の価格が±2αの中に納まるということなので、これでも充分ではあるのですが、次のチャートではよく見るボリンジャーバンドにしてみました♪

 

短い時間軸での値動きしか見ていないと失敗するかもしれないパターン

勝てない人と成功者の違い

このMT4のドル円のチャートでは赤いラインが±2αとなります。その外側に青いバンドと内側に黄色いバンドを加えました。

 

これがよく見るかたちですね。色の設定も自分でできますので、楽しんじゃえますよ!筆者のMT4は「楽天証券」のMT4です。

 

これを見ると、確かに大方のローソク足は±2αに収まっていますね。

 

≪チェックポイント3~ボリンジャーバンド逆張り失敗パターン≫

ボリンジャーバンドからろうそく足がはみ出たからといって、そこから絶対にすぐ反発するとは思わないことが大切です。
まず下のドル円の5分足のチャートを見てください!

勝てない人と成功者の違い

1のローソク足に注目です。ドル円が急騰している様子を示すローソク足ですが、+3αから上ヒゲがはみ出ちゃっていますね!±2αも±3αも、ローソク足の実体が軽く飛び出してしまっていますね。

 

急騰はしたけれど、かなり売る勢力もあったということになりますね。この売る勢力の中には利益確定売りが多かったでしょうけれど、気の早い新規の売り注文を出した人もいたでしょう。いわゆる逆張りのパターンですね。

 

そして、このパターンは最初にご紹介した例とは違うパターンですね。
しかし!

 

次のローソク足ではその戻した位置から力強くしっかりと上がっちゃっています!強い大陽線になってしまいました。

 

では更に、その次のローソク足を見てください。2のローソク足に話題を移しましょう♪
2のローソク足に注目です。上にも下にもヒゲが出ていて、十字足に近いようなローソク足ですね。こういうローソク足からは、FX参加者の中にとりあえず利益が乗ったので、一旦利確したというような人が多かったということが読み取れます。

 

もしも、バイナリーオプションで、2の位置から「上がる」ほうを選択した人は10分後の勝負の場合、勝てなかった人が多いでしょう。30分よりも長い勝負時間であれば、上がるという選択でいけたようですね。

 

FXの場合は時間が決まっていないので待てばいいのです。けれど、バイナリーの場合は時間で区切られるので、ちょっとしたノイズなどに翻弄されてしまうこともあるでしょう。要注意です!

 

このように、この勝負は間違ったかもしれないという場合は、「途中決済」」が可能であればしちゃいましょう!

長い時間軸が大きなヒントになることも多い

短い時間の勝負をするのが好きな人ですと、8時間足、日足、週足、月足などは日に何回も見ないかもしれません。しかし、バイナリーオプション専門の人でも、日足は日に1度は必ず見ておくことをおススメします。

 

直近のローソク足がどのような位置にあるのかを知っておくだけでも、トレードのヒントになるかもしれません。

勝てない人と成功者の違い

上のチャートは「ドル円の日足」です。これを見ていると、現在は「レンジ」なのか、「三画持ち合い」っぽいのか、という感じになっています。この値幅と現在のレートを知っておくと、レンジ近くの値の場合にはヒントにしやすいでしょう。

 

たとえば、レンジの上限に近いレートにすでになっているのであれば、それ以上高いレートにはなりにくいという発想が成り足ります。このようなことも、勝負で勝っていくため知っておいて損はないことです。

短い時間軸と長い時間軸のチャートがかなり違った感じの場合

勝てない人と成功者の違い

これは豪ドル円のチャートです。左上は5分足、右上は15分足、左下は1時間足、右下が日足です。

 

この4つの時間軸のチャートをぼんやりと遠くから眺めていただくと、ずいぶん、チャートの形の印象が違うことに気がつきますよね?

 

具体的に見てみましょう!5分足や15分足では全般的に下がっている感じです。5分足を見ると、ずいぶん大きく下げたことがわかりますね。15分足も波打ちながら下げていますね。すごく大きく下げているような感じがします。

 

ところが、左下の1時間足に注目してください!実は長い時間、ずっと上げてきていたのですね。結構長い時間じわじわじわじわ上昇トレンドだったのだとわかりますね。そして、1時間足の右端に近い所で、急降下していますね。大きな陰線ができています。

 

ところが、右下の日足に注目してください!キレイにローソク足が並んでいるチャートではありませんがいませんが、上がっているというのはわかりますね。遠くで見ると、右上がりだというのがわかるでしょう。

 

更に下の「豪ドル円の週足」に注目してください!

 

勝てない人と成功者の違い

豪ドル円は週足で見たら、上昇トレンド中なんですよね。もちろん上昇トレンドだからと言っても、ストレートに上昇していくわけではないですが、上昇する力が強い期間であるということは心にとめておいた方がよいでしょう。

 

まとめ

今は本当にスマホで簡単にトレードができちゃいます。バイナリーオプションはシンプルなルールゆえに、ちょっとした空き時間にスマホで勝負しちゃおうという人も多いでしょう。仕事や家事、子育ての合間に稼いじゃおうと思っている人も多いでしょう。

 

しかし、相場にはプロやベテラン投資家など、それで生活をしている人がたくさん参戦しています。毎日、色々な時間軸のチャートを見ながらトレードを検証したりして、万全の状態で相場に参戦していたりします。中には巨額の資金のある人もたくさんいるでしょう。

 

更に、アルゴシステムという時々あほな動きをするコンピューターが、人間では不可能な、憎たらしくもなれないものすごい速さでトレードをしたりしています。

 

そのような中、ちょっと空き時間ができたからといって、飛び入りでスマホで相場に参戦しても、そう簡単にBO族が勝たせてもらえなくても、全く不思議ではありません。逆に考えると、初めてバイナリーをやってみた人のほうが成績が上になってしまうこともあるでしょう。

 

トレードで勝っていくためには、まずは長い時間軸のチャートを見るようにしましょう。そうすることによって、気がつくことが多いです。相場で勝ち続けている人で、短い時間軸のチャートしか見ていない人はまずいないでしょう。

 

相場で勝ち続けている人は、相場が動いていない週末も、チャートを開いて検証しているでしょう。簡単な気持ちで勝負に挑むと、たくさんの寄付をすることになります。もうたくさん寄付をしてしまったら、今度は勉強料として生かしていきましょう。

勝てない人と成功者の違い記事一覧

まずは、ボックス相場の特徴から見ていきましょう≪ボックス相場の特徴≫・ボックス相場になったことにすぐには気がつきにくい・ボックス相場がいつ、突然、終わるかわからない・ボックス相場の値幅が小さすぎると儲けを出しにくい・ボックス相場は動きが退屈・ボックスの幅(レンジ)が変わる時がある時からある・ボックス相場に見えていたけれど、よく見たら三角持ち合いだったりする時もある・ボックスの中のローソク足の動きが...

ボックス相場というレンジ相場がありますが、三角持ち合いというレンジ相場もあります。三角持ち合いはボックス相場とは違い、徐々に値幅が狭まっていき、やがて上か下どちらかに抜けます。これを「ブレイクする」いいます。この三角持ち合いも、知っておいて損はないことです。知ればバイナリーオプションの勝率を著しく上げられるということはないかもしれませんが、損をする機会を減らせるはずです。では、その三角持ち合いにつ...


MENU

バイナリーオプション資金別業者選択方法

国内海外バイナリーオプション比較

ハイ・ロー オーストラリア情報

FXbinary情報

OptionBit情報

バイナリーオプションシグナル配信

mt4を使ってみよう

バイナリーオプション税金

バイナリーオプション攻略ブログ

当サイトについて