投資のテクニック

投資のテクニック(テクニカルトレード)

投資のテクニック

トレードをするにあたり、トレード(投資)のテクニックをテクニカルトレードと言うのですが、

 

日常生活ではまったく使用しない言葉ばかりなので、
投資初心者には壁を高く感じてしまいがちです

 

ここではテクニカルトレードの基本的な言葉を解説しています

 

テクニカルトレードを勉強した事がない人は、

 

バイナリーオプションをするにあたって、必ず必要な知識になりますので、

 

バイナリーオプションに必要なテクニック、不必要なテクニックの判別に利用出来る形に解説していきます。

投資のテクニック記事一覧

テクニカルチャートとは、過去の株価や為替レートなどの価格をグラフ化したもののことをいいます。テクニカルチャートは相場の将来的な動きを予測するために大変効果的だといわれており、ほとんどのプロトレーダーもテクニカルチャートを用いて相場を分析しているのですなかにはテクニカルチャートを用いることなく相場を分析するトレーダーもいらっしゃるようですが、これからバイナリーオプションなどの投資にチャレンジするとい...

テクニカルチャートを大きく分けた場合、そのひとつとしてトレンド追従型テクニカルチャートと呼ばれるものがあります。では、トレンド追従型テクニカルチャートとは、いったいどのようなテクニカルチャートのことをいうのでしょうか。簡単にいうと、トレンド追従型テクニカルチャートとは相場の流れを表しているテクニカルチャートのことです。一定期間における相場の値動きや値幅などを分析し、将来的な相場の流れを予測するため...

移動平均線(Moving Average)とは、一定期間の価格変動を平均がしたテクニカルチャートです。トレンド追従型の代表的なテクニカルチャートとして知られており、ほとんどのトレーダーが愛用しているテクニカルチャートとなっています。移動平均線を相場の分析に用いる場合、最低でも2本以上の移動平均線を使用してください。ひとつは短期の価格変動を平均化した移動平均線、もうひとつは中期もしくは長期の価格変動...

ボリンジャーバンドとは、移動平均線にボラリティと呼ばれる変動率の概念を取り入れたトレンド追従型テクニカルチャートのことです。トレンド追従型テクニカルチャートのなかでは、移動平均線に続いて使用率が高いチャートといって良いでしょう。ボリンジャーバンドでは、中心のラインに移動平均線(主に20~25SMA)を置き、その上にアッパーバンド2(ミッドバンド+2σ)とアッパーバンド1(ミッドバンド+σ)、移動平...

一目均衡表とは、波動と時間、水準といった3つの概念を総合的に組み込んだ、トレンド追従型テクニカルチャートのことです。テクニカルチャートのほとんどは外国で考案・開発されていますが、一目均衡表を開発したのは日本人の一目山人(細田吾一)氏となっています。一目均衡表は、ローソク足を基準に基準線・転換線・先行スパン1・先行スパン2・遅行スパンといった5本のラインによって構成されています。一目均衡表の特徴とい...

トレンドラインとは、相場価格の傾向を2本のラインで表しているテクニカルチャートのことです。トレンドラインは2本のラインでローソク足をはさむ格好で引かれており、2本のラインが上向いているときは上昇トレンドに、下向いているときは下降トレンドに、水平になっているときは横ばいトレンドにあるといえます。ちなみに、上昇トレンドにあるときの下のラインをサポートライン、下降トレンドにあるときの上のラインをレジスタ...

EMA(Exponential Moving Average:指数平滑移動平均線)とは、直近の相場価格に重きをおいて算出する移動平均線のことです。移動平均線にはSMA(単純移動平均線)と呼ばれるものもありますが、SMAの場合は直近の相場価格に比重をおいて計算するのではなく、一定期間を平均化して計算します。そのため、SMAで買いシグナルや売りシグナルが出ていたとしても、実際の相場の動きから遅れてしま...

パラボリックとは、SAR(ストップ&リバースポイント)と呼ばれているラインを用いて相場を流れを表している、トレンド追従型テクニカルチャートのことです。パラボリックは、比較的ドテン注文をトレードスタイルにしている投資家から好まれて使用されることが多くなっています。パラボリックでは、上昇する放物線と加工する放物線の2本のラインで相場のトレンドを表しています。では、パラボリックを投資に活かすためにはどう...

エンベロープとは、移動平均線の上と下に一定の幅をもったラインが引かれているテクニカルチャートのことです。一般的には、移動平均線を含めて5本のラインで表すことが多くなっています。5本のラインといえばボリンジャーバンドを思い浮かべる方もいらっしゃるかもしれませんが、エンベロープとボリンジャーバンドには明確な違いがあるということを知っておかなければなりません。その違いとは、ボリンジャーバンドは相場が動き...

オシレーター系テクニカルチャートとは、相場が買われすぎの状態にあるのか、それとも売られすぎの状態にあるのかを表しているテクニカルチャートです。代表的なオシレーター系テクニカルチャートとして、MACDやストキャスティクス、RSIが挙げられます。ちなみに、MACDはトレンド追従型テクニカルチャートに分類されることもあるようです。オシレーター系テクニカルチャートは、数値が一定の範囲内を行き来することが特...

MACD(Moving Average Convergence/Divergence Trading Method)とは、移動平均線による分析精度をさらに高めるために開発されたテクニカルチャートです。MACDはトレンド追従型テクニカルチャートに分類されることもあれば、オシレーター系テクニカルチャートに分類されることもあります。MACDは期間の違う指数平滑移動平均(EMA)の剥離率によって算出され、...

ストキャスティクスとは、相場が売られ過ぎにあるのか、それとも買われ過ぎにあるのかを分かりやすく表しているオシレーター系テクニカルチャートです。逆張りをトレードスタイルにしているトレーダーの多くが愛用しているテクニカルチャートとなっています。ストキャスティクスはファスト・ストキャスティクスとスロー・ストキャスティクスの2種類に分けられますが、多くのトレーダーが使用しているのはスロー・ストキャスティク...

RSI(The Relative Strength Index)とは、相場が買われすぎの状態にあるのか、それとも売られ過ぎの状態にあるのかを表しているオシレーター系テクニカルチャートです。オシレーター系テクニカルチャートのなかでも、ストキャスティクスと並んで特に使用頻度が高いテクニカルチャートといって良いでしょう。トレンドには弱いという特徴があるため、主に逆張りのトレードスタイルに用いられています...

RCI(Rank Correlation Index)とは、相場の時間と価格に順位を付け、それぞれの相関関係を表しているテクニカルチャートです。RCIは、トレンド追従型テクニカルチャートとオシレーター系テクニカルチャートと両方の性質を併せ持っていますので、投資初心者の方にも使いやすいテクニカルチャートといえるでしょう。RCIにおけるエントリーポイントは、非常に分かりやすくなっています。RCIが上が...

DMIとは、市場にトレンドが発生しているか、それとも発生していないかを分析するために開発されたテクニカルチャートです。DMIを開発したのは、RSIやパラボリックを開発したJ.W.ワイルダー氏となっています。DMIは、基本的に+DIと-DIといった2本のラインで構成されており、それぞれのラインがどのような動きをするかで相場のトレンドを分析していきます。では、2本のラインがどのような動きになればトレー...

サイコロジカルラインとは、投資家の心理を数値化して表しているテクニカルチャートです。サイコロジカルラインでは、対象期間の価格上昇日の日数を対象期間の日数で割ることで、数値化しています。たとえば、対象期間の日数が10日間、対象期間の価格上昇日の日数が7日、つまり相場の価格が上昇し続けた日数が7日間だった場合、サイコロジカルラインの数値は70%と表せられるのです。ちなみに、サイコロジカルラインで用いら...

移動平均剥離率とは、移動平均線から実際の相場価格がどの程度離れているのかを表しているテクニカルチャートのことです。移動平均剥離率は、移動平均線から相場価格が離れている場合、再び移動平均線に相場価格が近づこうとする性質を利用しています。つまり、移動平均戦から実際の価格が離れていれば離れているほど、相場が買われすぎ、もしくは売られすぎの状態にあるといえるでしょう。移動平均剥離率を用いてエントリーポイン...

ストキャスティクスRSIとは、その名前の通りストキャスティクスとRSIを組み合わせているオシレーター系テクニカルチャートです。では、なぜストキャスティクスとRSIをわざわざ組み合わせてあるのでしょうか。その理由として挙げられるのが、ストキャスティクスとRSIを組み合わせることで、より相場価格に変動に対して敏感に反応できるためです。ストキャスティクスやRSIは、ボックス相場の逆張りで多く用いられてい...

モメンタムとは、相場が買われ過ぎの状態にあるか、それとも売られ過ぎの状態にあるのかを表し、相場が反転する目安を探るために用いられているオシレーター系テクニカルチャートです。モメンタムの数値は、ゼロを基準として考えられています。モメンタムの数値がゼロよりも大きければ強気の相場、ゼロよりも小さければ弱気の相場と判断できるというわけです。では、モメンタムがどのような動きを示した時がエントリーのタイミング...

投資において、複数のテクニカルチャートを用いて分析するということは非常に大切です。複数のテクニカルチャートを用いる際は、必ずトレンド追従型テクニカルチャートとオシレーター系テクニカルチャートとを組み合わせて使うようにしましょう。ここではボリンジャーバンドとMACDの組み合わせについて説明してますので、参考にしていだければ幸いです。トレンド追従型テクニカルチャートのひとつであるボリンジャーバンドと、...

トレンド追従型テクニカルチャートの代表格、移動平均線と、オシレーター系テクニカルチャートのひとつであるRSIの組み合わせは、トレンドが発生している状態で大きな効果を発揮します。では、移動平均線とRSIがどのような状態になっていれば、エントリーポイントと判断できるのでしょうか。一つ目のエントリーポイントとして判断できる基準は、以下の通りとなっています。移動平均線でゴールデン・クロスが発生しているRS...

移動平均線とストキャスティクスと、そしてDMIの組み合わせは、多くのトレーダーも相場の分析に活用しているのではないでしょうか。移動平均線は、トレンド追従型テクニカルチャートを代表するテクニカルチャートです。主に相場の流れを分析するために用いられており、基本中の基本ともいえるテクニカルチャートとなっています。ストキャスティクスは、相場の買われ過ぎや売られ過ぎを分析するために用いられているオシレーター...

ローソク足とは、一定期間における価格の変動を一本のローソクのような形で表している手法のことです。一本のローソク足で一定期間内における始値、終値、高値、安値を表しており、相場を分析するうえでは絶対に知っておかなければなりません。ローソク足には本体と、その上下にヒゲのようなものがついていますが、本体の上部が始値もしくは終値、本体の下部が終値もしくは始値、本体の上部にあるヒゲの最先端が高値、本体の下部に...

通常、連続するローソク足においては価格が重なる部分があります。しかしながら、まれに連続するローソク足において価格がまったく重ならないことがあるのです。この現象のことを不連続線(窓)と呼びますので、覚えておきましょう。不連続線が現れたということは、取引がまったく行われなかった時間帯があるということを示しています。不連続線(窓)は、一般的には日足に発生する現象です。前日の終値とは違う価格で取引がスター...

はらみ線とは、ひとつ前のローソク足が陰線もしくは陽線のときに、次のローソク足がその範囲内で陽線もしくは陰線となって表れる現象のことです。ひとつ前のローソク足が陽線であった場合、次のローソク足は陰線、ひとつ前のローソク足が陽線であった場合、次のローソク足は陽線であることがはらみ線の条件であり、ローソク足の色が異なる場合ははらみ線とは呼びませんので覚えておきましょう。では、はらみ線が出現するということ...

つつみ線とは、ローソク足がひとつ前のローソク足の範囲内にとどまる現象のことをいいます。ちなみに、ローソク足が双方とも陽線もしくは陰線であったとしても、それはつつみ線となります。はらみ線の逆パターンとして考えると良いでしょう。つつみ線のことを「抱き線」と呼ぶこともありますので、覚えておきましょう。では、つつみ線が表れると、相場はどのように動いていくと予想できるのでしょうか。基本的にはつつみ線が出現す...

毛抜き天井とは、連続する二つの陽線ローソク足の高値が同じ価格になっている現象のことをいいます。ただし、高値圏で上記のような現象が発生した場合は毛抜き天井とは呼びませんので、ご注意ください。毛抜き天井が出現した場合、相場は下落する可能性が高いと言われています。また、ローソク足本体が大きければ大きい、つまり値幅があればあるほど下落する可能性が高いと考えられていますので、ダマシに引っかからないためにも覚...

バイナリーオプションなどの投資において、天井と底を見極められるようになるということは、非常に大切です。天井と底を見極められるようになれば、大きな利益を安定的に獲得できるようになることも夢ではありません。では、どのようにして天井と底を見極めると良いのでしょうか。以下で分かりやすく説明していきますので、ぜひご活用ください。天井の見極め天井を見極めるためには、以下の現象が発生していることがポイントとなり...

ローソク足にはさまざまな種類の買いシグナルが存在しています。ここでは代表的なローソク足の買いシグナルについて説明していきますので、ぜひバイナリーオプションなどの投資にお役立てください。なべ底なべ底とは、底値圏でしばらくもみ合った後に相場が上昇する現象のことをいいます。月足で見る際には、だいたい1ヵ月から3ヵ月程度は底値圏でももみ合いが続きますので、頭に入れておきましょう。また、底値圏を行ったり来た...

ローソク足の形状によっては、売りシグナルとなるケースもあります。ここでは代表的なローソク足の売りシグナルについて分かりやすく解説していきますので、参考にしていただければ幸いです。三尊の別れ三尊の別れとは、並んだローソク足が釈迦・文殊・普賢の三菩薩のように見えることから、そう呼ばれています。三尊天井と呼ばれることもありますので、覚えておきましょう。三尊の別れでは、最後の山のあとに陰線が現れたときが売...


MENU

バイナリーオプション資金別口座選択方法

国内海外バイナリーオプション比較

ハイ・ロー オーストラリア情報

OptionBit情報

バイナリーオプションシグナル配信

mt4を使ってみよう

バイナリーオプション税金

当サイトについて