バイナリーオプション資金配分法

バイナリーオプションポジション金額の調整方法を解説

バイナリーオプションポジション金額の調整方法を解説

突然ですがあなたはバイナリーオプションの取引をする際に、
1回の取引ごとの資金配分をいくらにするか決めていますか?

 

このブログでの解説はハイローオーストラリアを使った取引の紹介ですので、
1回に投資することができる最少額は1000円、最高額は20万円だと思います。

 

投資額は1円単位で調整することができますが、
正直どれくらいかけたらいいか分からない方も多いのではないでしょうか?

 

そこで今回は私が紹介している手法で、
エントリーするときのポジション投資額をどのように調整しているかを解説したいと思います。
例によって紹介する内容は私自身の投資金額の決め方ですので、
ここで紹介した投資金額をそのまま真似する必要はありません。
あくまで参考程度に留めておいてください。

 

まず初めに基本的には私は1000円からポジションを持ちます。
というのもバイナリーオプションでは
FXのようにある程度のところで損失を留める
損切り”という機能がない(転売はある)ので、
予測が外れてしまうと投資金額は一気にゼロになってしまいます。

 

当たり前ですが投資資金が全て無くなってしまっては取引することができません
なので私が取引する際は
『自分の資産がゼロにならないこと』を目標としています。
どういうことか?例を用いて説明しましょう。

 

例えば今日1日でバイナリーオプションに使える資金(元金)が1万円だっとします。
エントリーポイントが来たら投資していくわけですが、
1つのエントリーポイントに1万円全額を入れるようなことはしません。

 

なぜなら例えどんなに勝率の高い手法で分析したとしても、
しょせん予測が当たるか外れるかは2分の1なので
1万円全額を1回の勝負に賭けるのはリスクが高いと判断できるからです。

 

それならここでは1000円だけポジションをとって、
次同じようなエントリーポイントが来た時にもう一度1000円投資するほうがトータルで見たときに、
資金が無くなってしまう確率を下げることができるのではないでしょうか。

エントリー回数1 エントリー回数 エントリー回数 エントリー回数
すべて予測外れ確率 1/2

すべて予測外れ確率

1/2×1/2

1/4

すべて予測外れ確率

1/2×1/2×1/2

1/8

すべて予測外れ確率

1/2×1/2×1/2×1/2

1/16

つまり単発で予測が外れてしまう確率よりも、
連続で何度も予測を外す確率のほうが低いと判断して、
資金を分割(分散)して投資していくということです。

 

こうすることで資金が一瞬でゼロになってしまう事態を防ぎつつ、
エントリー回数を増やして資金を増やすことを目指します。

 

ちなみに話を分かりやすくするために予測的中率を「1/2」と表現しましたが、
私の手法では予測が的中する可能性が1/2しか見込めないようなポイントではエントリーしません。

 

以前の記事を読んでいる方であればわかるかもしれませんが、
私はボリンジャーバンドを用いて計算上価格が反発する可能性が99%以上のポイントを狙います。
闇雲にエントリーして勝負するのではなく、
分析できる範囲ではできる限り予測が的中出来そうなポイントを探してエントリーするのです。

 

まとめますとエントリーする金額は1回1回は少額にして回数を多くエントリーし、
狙うポイントはなるべく予測が外れそうな場所(ポジション)を排除して、
より予測が的中しそうなところを選ぶということになります。

 

投資金額(ポジション金額)が少ないと1回でのペイアウトは小さいかもしれませんが、
トータルで考えると私はこれが最も負けを少なくしつつ利益を狙える手法だと思っているので、
バイナリーオプション資金配分法方で悩んでいる方は参考にしてみてください。

 

また、バイナリーオプションの複利運用の方法解説は、こちらのページを参考にしてみてください
バイナリーオプションは複利で運用


バイナリーオプション攻略の第一歩

↑↑↑口座選定がバイナリーオプション攻略の基礎↑↑↑


MENU

バイナリーオプション資金別業者選択方法

国内海外バイナリーオプション比較

FXbinary情報

OptionBit情報

バイナリーオプションシグナル配信

mt4を使ってみよう

バイナリーオプション税金