バイナリーオプションおすすめ時間は16時まで

バイナリーオプションおすすめ時間は16時まで

実際に行った取引を元に相場の特徴について解説したいと思います。

 

 

結論から言いますと、
1日のうちで大きなターニングポイントになりやすい時間は16時(夏時間と冬時間で異なる)で、
この時間より前は相場が比較的落ち着いており、
ボリンジャーバンド3σを利用した手法ですと取引できるポイントは少なめですが、
ボリンジャーバンドに忠実にローソク足が動きやすいため勝率は比較的高いです。

 

一方16時を過ぎると、
特に16時付近はボリンジャーバンドに振れやすいためエントリーポイントは多いのですが、
回数が多い分バンドウォーク(ボリンジャーウォーク)もしやすくローソク足の実体部分で3σを抜けやすく勝率は低くなりがちです。

 

 

この原因として考えられるのは日中は一般的に言われている
3大市場の1つである東京市場しか開いていないためと思われます。
東京市場しか開いていない時間、
いわゆる日本時間と言われる時間帯は相場の価格変動が落ち着いているため、
レンジ相場に強い手法が効果的です。

 

方や16時以降は欧州勢が市場に参加してきて、
かつ彼らはトレンドフォロー型と呼ばれる価格の流れに沿った取引を好む傾向があるため、
トレンドフォロー型の手法は相性が良いと言われています。

 

 

この特徴を踏まえて、
バイナリーオプションでは主にレンジ相場で使いやすい手法を用いているため、
メインで取引するのは日中に絞っています。

 

その時間は先ほどもお伝えした通りボリンジャーバンドに忠実に動きやすいので、
ローソク足が3σを超えてる場面は少なめです。

 

しかし16時以降は下図のように3σを実体で抜けがちです。

バイナリーオプションおすすめ時間16時まで1

16時を超えてからローソク足が大きく伸びていることがお分かりいただけるでしょう。

 

これが16時以降は取引ポイントは増えるけれど、
勝てるポイントは少なめと判断した要因です。

 

 

ただエントリーポイントが増えるのも事実なので、
3σメインの取引ではなく状況に応じて条件を厳しくしたり、
条件を満たした通貨ペアの中でもしっかり選別することで取引で勝つこともできます。

 

今回はユロドルの15分足を30分足に注目して取引したものがありました。
16時45分判定

バイナリーオプションおすすめ時間16時まで2

 

17時判定

バイナリーオプションおすすめ時間16時まで3

正直言うと、
こういった相場に応じた状況判断は取引経験を重ねなければ、
重ねたとしてもそう簡単にできるようになるものではありません。

 

なので取引の練習をしている方は
それぞれのエントリーごとに
問題点や改善点があるかを意識しながらトレードに向き合うようにしましょう。

 

可能であれば、MT4のデモ口座などで練習をする事をおすすめします

 

MT4デモ口座練習方法

バイナリーオプション攻略の第一歩

↑↑↑口座選定がバイナリーオプション攻略の基礎↑↑↑


MENU

バイナリーオプション資金別業者選択方法

国内海外バイナリーオプション比較

FXbinary情報

OptionBit情報

バイナリーオプションシグナル配信

mt4を使ってみよう

バイナリーオプション税金