バイナリーオプション入門

一目均衡表でトレンドの方向性や転換点を予測する方法

一目均衡表からトレンドの方向性を知る方法をお伝えします。

 

バイナリーオプションでトレンドフォロー型の手法を考えている人は、
ここで説明する手法を覚えておくと取引に役立つと思いますので参考にしてみてください。

 

ポイントは大きく分けて3つあります。

 

①転換線と基準線のクロス

1つ目は転換線と基準線のクロスの仕方からトレンドを見極める方法です。

 

転換線は過去9日間のうちで最も高かった価格と最も安かった価格の中心を結んだ線なので、
比較的短期的なチャートの方向性を読み取ることができます。

 

一方基準線は過去26日間のうちで最も高かった価格と最も安かった価格の中心を結んだ線なので、
比較的長期的なチャートの方向性を読み取ることができます。

 

このことからそれぞれを説明すると
転換線は短期線
基準線は長期線と言えます。

 

そして短期線と長期線にはゴールデンクロスするとチャートが上昇しやすくなる特徴と、
デッドクロスするとチャートが下落しやすくなる特徴があり、
転換線と基準線にも同じ特徴があります。

 

つまり転換線が基準線をゴールデンクロスするとチャートは上昇しやすく、
デッドクロスすると下落しやすくなるのです。

 

転換線(赤)が基準線(青)をゴールデンクロス

BO一目均衡表トレンド1

転換線が基準線をデッドクロス

BO一目均衡表トレンド2

このように転換線と基準線がどのようにクロスしているかでトレンドの方向性が分かるため、
例えばバイナリーオプションでHIGHにかけるとき、
転換線が基準線をゴールデンクロスしてるところを狙えば勝率は高まる可能性は高くなります。

 

②遅行線と過去のローソク足

2つ目は遅行線と過去のローソク足の位置関係です。
ここでいう過去のローソク足とは遅行線が表示されている真上または真下のローソク足なので、
26日前のものということになります。

 

文章では分かりづらいと思いますので下図をご覧ください。

 

遅行線(緑)が過去のローソク足より下に位置している

BO一目均衡表トレンド3

図のように
遅行線が過去のローソク足より下に位置しているときはその後のローソク足が下がりやすくなる特徴があります。

 

対照的に遅行線が過去のローソク足より上にある場合はその後のローソク足が上がりやすくなる特徴があります。

 

遅行線が過去のローソク足より上に位置している

BO一目均衡表トレンド4

つまりバイナリーオプションでHIGHに予測するときは遅行線が過去のローソク足より上にあるとき、
LOWに予測するときは遅行線が過去のローソク足より下にあるときを選べば勝率は高くなりやすいということです。

 

 

③雲とローソク足

3つ目は雲とローソク足の位置関係です。
ローソク足は雲より下にあるとき、
その後のローソク足も下落を続ける傾向にあります。

BO一目均衡表トレンド5

 

一方ローソク足が雲より上にある場合は、その後のローソク足も上昇傾向の確率が高くなります。

BO一目均衡表トレンド6

このことからHIGHにポジションを持つときはローソク足が雲より上にいるとき、
LOWにポジションを持つときはローソク足が雲より下にいるときを選ぶと勝率が高くなる可能性が高まります。

 

トレンドに乗る手法とは異なりますが、
ローソク足は雲の中に入ることを嫌う習性も持っているため、
ローソク足が雲に触れた瞬間を狙って逆張りをしてもいいでしょう。

 

以上が一目均衡表を解析してトレンドの方向性を知るための手法です。
バイナリーオプションでトレンドフォロー型の取引をしようと考えている人は参考にしてみてください。

 

次ページでは、HIGHLOW オーストラリアのトレード画面を利用してエントリータイミングを説明します
一目均衡表を利用したバイナリーオプションのエントリータイミング

バイナリーオプション攻略の第一歩

自分に合うバイナリーオプション口座の作り方

ボタンをタップで詳細ページ





バイナリーオプション無料LINEセミナー

関連ページ

一目均衡表(雲)の特徴
一目均衡表(雲)の特徴と雲を使ったバイナリーオプション取引の方法を解説
一目均衡表を利用したバイナリーオプションのエントリータイミング
バイナリーオプションにおける一目均衡表の実際のエントリータイミングをHIGHLOWオーストラリアのトレード画面で解説していきます。
記事一覧

バイナリーオプション資金別業者選択方法

国内海外バイナリーオプション比較

FXbinary情報

mt4を使ってみよう

バイナリーオプション税金