バイナリーオプション入門

チャートにラインを引く方法

ラインを引こう!

バイナリーオプションで利益をあげるためには、移動平均線と一緒にライントレードをマスターすると良いでしょう。

 

ライントレードとは、ローソク足の動きに沿ってラインを引き、それを目安にトレードする方法です。

 

多くのプロトレーダーもライントレードを実践していると言われていますので、マスターしておくにこしたことはないでしょう。

 

なお、MT4のインジケーターの中には自動でラインを引いてくれるようなものもありますが、バイナリーオプションにチャレンジする方にはご自身の手でラインを引くことをおすすめします。

 

自分の手でラインを引くことにより、相場の動きをより把握することができるようになりますし、なにより相場観を養うことができるためです。

 

以下でラインを引いた例を紹介していますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

 

水平ラインのブレイクで下落が加速!

水平ラインのブレイクで下落が加速

上記のテクニカルチャート上に何本か水平のラインが引かれていると思いますが、これはローソク足がそれまで下げ止まったポイントを結んだラインになります。

 

つまり、相場においてはサポートラインとも呼ばれていますので、このラインをローソク足が上から下に抜けると大きな下落トレンドが発生する可能性が高いのです。

 

よって、バイナリーオプションではローソク足がこのサポートラインを割ったタイミングで下方向にエントリーすると良いでしょう。

 

上記のテクニカルチャートは2本の移動平均線が下向きとなっているため、基本的には下落目線でエントリーすべきであり、上方向でのエントリーは控えてください。

 

上方向へのエントリーはいわゆる逆張りトレードとなり、損失が発生してしまうリスクが高いと考えられますので、ライントレードを行う場合は必ず移動平均線の傾きにも目を向けましょう。

 

トレンドラインのブレイクでエントリー!

トレンドラインのブレイクでエントリー

上記のテクニカルチャートを見てみると、ローソク足の高値と安値を結んだ2本のラインが分かると思います。

 

これは強い下落トレンドが発生していることを示しており、ローソク足は2本のローソク足の間で推移する可能性が高いとされているのですが、いつまでも下落し続ける、もしくは上昇し続ける相場というものはありません。

 

つまり、いずれはトレンドの転換点を迎えるというわけです。

 

上記のテクニカルチャートのようにローソク足がトレンドラインを上回ると、それまでの下落トレンドが終了し、上昇トレンドに転じる可能性がありますので、ラインをブレイクしたタイミングでエントリーすると良いでしょう。

 

また、それまでサポートとして機能していたラインがレジスタンスラインとなり、そのレベルまでローソク足が上昇する可能性があります。

 

そのレジスタンスラインを突破することができれば、さらに大きく上昇し、次のレジスタンスラインあたりまで価格を伸ばしていく可能性が高いです。

 

三角持ち合いのブレイクでエントリー!

三角持ち合いのブレイクでエントリー

ローソク足の高値と安値をラインで結んだ場合、上記のテクニカルチャートのように2本のラインの距離が徐々に狭まっていく場合があります。

 

この相場を「三角持ち合い」と言いますが、これは相場がどちらに動くか迷っている状態を表しており、相場には大きなパワーが溜まっていますので、三角持ち合いをブレイクするとその方向に大きなトレンドが発生する可能性大です。

 

上記のテクニカルチャートを見るとお分かりいただけますように、ローソク足が三角持ち合いを上にブレイクし、大きな上昇トレンドが発生しています。

 

もしローソク足が三角持ち合いを下にブレイクしていたら、大きな下落トレンドが発生していたことでしょう。

 

大きな利益を獲得したいのであれば、三角持ち合いのブレイクは大きなポイントになりますので、積極的に仕掛けることをおすすめします。

 

次ページ
移動平均線 グランビルの法則


バイナリーオプション攻略の第一歩

自分に合うバイナリーオプション口座の作り方

ボタンをタップで詳細ページ



バイナリーオプション無料LINEセミナー
記事一覧

バイナリーオプション資金別業者選択方法

国内海外バイナリーオプション比較

FXbinary情報

OptionBit情報

バイナリーオプションシグナル配信

mt4を使ってみよう

バイナリーオプション税金