バイナリーオプション入門

トレンド系インディケータ

MT4をインストールした時点で、さまざまなインディケータもインストールされています。

 

移動平均線だけでは相場の動きを読みにくいこともありますので、他にもいくつかインディケータをテクニカルチャート上に表示させたほうが良いでしょう。

 

ここではバイナリーオプションをするにあたってぜひ表示させておきたいインディケータを紹介したいと思います。

 

トレンド系インディケータ

ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドはトレンドの強さを見るのに非常に有効です。

 

また、レンジ相場でも力を発揮しますので、ぜひテクニカルチャートに表示させてください。

 

ボリンジャーバンドをMT4のテクニカルチャートに表示させるには、以下の通りに進めていきましょう。

 

「Bollinger Bands」をドラッグ&ドロップ

「ナビゲータ」内の「トレンド系」を開き、「Bollinger Bands」をテクニカルチャート上にドラッグ&ドロップします。

 

「Bollinger Bands」をドラッグ&ドロップ

 

パラメータを設定

パラメータを設定

 

レベルを設定

追加ボタンをクリックし、レベルの欄に2、3、-2、-3を加えてください。

 

レベルを設定

 

これでボリンジャーバンドが表示されました。

 

ボリンジャーバンド

 

⇒ボリンジャーバンドについてはこちら

 

一目均衡表

一目均衡表は、相場のトレンドだけでなく、レジスタンスやサポートを判断できるテクニカルチャートでもあります。

 

多くのプロトレーダーも活用しているテクニカルチャートとなっていますので、ぜひ表示させてください。

 

「Ichumoku Kinko Hyo」をドラッグ&ドロップ

「ナビゲータ」内の「トレンド系」を開き、「Ichumoku Kinko Hyo」をテクニカルチャート上にドラッグ&ドロップします。

 

一目均衡表

 

パラメータを設定

パラメータを設定

 

これで一目均衡表が表示されました。

 

一目均衡表

 

⇒一目均衡表についてはこちら

 

次ページ
オシレーター系インディケータ

バイナリーオプションで活用出来るMT4インディケータ!記事一覧

オシレーター系は相場が「買われ過ぎ」や「売られ過ぎの状況を表します。買われ過ぎの状態では下落する可能性が、売られ過ぎの状態では上昇する可能性がありますので、エントリーポイントの指標ともなるでしょう。ここでは最も人気が高いオシレーター系インディケータをMT4に表示させる方法をお伝えします。MACDMACDは多くのトレーダーが用いているオシレーター系インディケータです。押し目買いや戻り売りにも利用でき...

記事一覧

バイナリーオプション資金別業者選択方法

国内海外バイナリーオプション比較

FXbinary情報

OptionBit情報

バイナリーオプションシグナル配信

mt4を使ってみよう

バイナリーオプション税金