バイナリーオプション入門

MT4でエントリータイミングを把握しよう

オプションビットのシグナル配信「アルゴビット」を利用し、勝率をより高めていくためには、テクニカルチャートの分析も必要になるでしょう。

 

以下でMT4を用いた簡単、かつ高確率で勝利できるエントリーポイントを紹介したいと思いますので、ぜひお役立てください。

 

MT4がわからない人はこちらを参照
移動平均線を利用したバイナリーオプション攻略方法

 

下落トレンド中の戻りを狙ったエントリー

いつまでも下落し続ける相場というものはありません。

 

大きく下落した後に戻しを試すものですので、その戻しを狙い、エントリーを仕掛けてみましょう。

 

アルゴビット

 

上のテクニカルチャートを見ると、ローソク足が長めの下ヒゲをつけた後にボリンジャーバンドの-1αの上に入り込んでいます。

 

この場合、直近高値付近まで戻す可能性がありますので、すかさず上方向でエントリーすると良いでしょう。

 

1分のトレードで上方向でエントリーし、利益をあげることができました。

 

アルゴビット

 

また、下記も戻りからの下予想を狙ったトレードです。

 

アルゴビット

 

ボリンジャーバンドが一気に拡大し、ローソク足がボリンジャーバンドの-3αまで到達していることから、強い下落トレンドが発生したと見ることができます。
この場合、一度戻りを試したあとに再度下落する可能性が高いため、ローソク足がボリンジャーバンドの-2αに接近したタイミングで下方向でエントリーしました。

 

予想通りの動きとなり、利益をあげることができました。

 

アルゴビット

 

バンドウォークを狙ったエントリー

ボリンジャーバンドが拡大し、ローソク足がバンドウォークを始めると、トレンドが発生する可能性が高まります。

 

このタイミングでバイナリーオプションをすれば、より効率的に利益をあげることができるでしょう。

 

アルゴビット

 

上記のようにローソク足が長い陰線となり、ボリンジャーバンドが拡大したら下方向へのエントリーのチャンスです。

 

この場合、次のローソク足はバンドウォークをする可能性があります。

 

実際にこのトレードは成功し、利益を獲得することができました。

 

アルゴビット

 

以上で挙げたトレンドの戻りを狙ったエントリーとバドウォークを狙ったエントリーを用いれば、勝率を高めることができるでしょう。

 

FXでは損失を最小限にとどめ、利益を最大限に伸ばす、いわゆる「損傷利大」が大きなポイントになります。

 

一方、バイナリーオプションは最初から利益額と損失額が決まっているため、勝率をいかに高めるかが重要です。

 

どちらに動くか分からない時はエントリーせず、上記のような確率が高い相場でエントリーするよう心がけましょう。

 

失敗例から学ぼう

絶対に勝てる相場というものは存在していません。

 

負けが続くこともあるかもしれませんが、失敗例から学び、次のトレードに結びつけることが大切です。

 

以下、失敗トレードの例を紹介したいと思います。

 

アルゴビット

 

ローソク足が黄色の200期間移動平均線にタッチしたタイミングで、上方向に1分でエントリーしました。

 

その後は200期間移動平均線を下回ってしまい、エントリーから1分後、損失が確定してしまいました・・・

 

ただ、5分トレードであれば勝利していたため、5分のテクニカルチャートで判断するなら、5分のトレードに徹したほうが良かったのかもしれません。

 

アルゴビット

 

アルゴビット

 

この日は1000円で9回エントリーし、6勝3敗、1560円の利益です。

 

アルゴビット

 

相場では一日に何度もチャンスが到来しますので、自信がある動きになるまでどっしり待ち構えておきましょう!

 

 

MT4の使い方など
バイナリーオプション必勝攻略手法説明はこちらのページで勉強してください!

 

 

オプションビット口座作成ページ

バイナリーオプション攻略の第一歩

自分に合うバイナリーオプション口座の作り方

ボタンをタップで詳細ページ



バイナリーオプション無料LINEセミナー
記事一覧

バイナリーオプション資金別業者選択方法

国内海外バイナリーオプション比較

FXbinary情報

OptionBit情報

バイナリーオプションシグナル配信

mt4を使ってみよう

バイナリーオプション税金